高待遇!ブランクがあっても働きやすい 高待遇!ブランクがあっても働きやすい

様々な保育施設があり、
新たなキャリアや経験が積める!
ライクアカデミー
保育士
S.Hさん(2017年入社)

手当も手厚く、
様々なキャリアと経験を積める!

聖徳大学短期大学部を卒業後、私立の保育園に保育士として入社しました。しかし、拘束時間が長く、体力が続かなくなり4年で退職。その後は臨時職員として障がいを抱えている子どもたちの加配保育士として働きましたが、「やっぱり、正社員で保育士をしたい!」と思い、仕事を探しました。勤務条件と福利厚生を重視し探していたところ、ライクアカデミーが運営している『にじいろ保育園』を見つけたのです。ライクアカデミーでは社宅に月1万円で入居でき、有給や振替休日もあります。また東京や千葉、神奈川にはライクアカデミーが運営する施設が沢山あるため、結婚や家庭の事情で引っ越すことになっても転居先に近い職場で働く事ができます。そして事業所内保育所や学童など、異なる環境の施設で働いてみたいと思った場合も、スムーズに勤務先を紹介してもらえます。このようにグループ会社内で新たなキャリアと経験を積む事ができるのは、他の保育園にはない大きなメリットだと思いました。

聖徳出身ならブランクがあっても
安心して働けます!

『にじいろ保育園』に入社して1年経ちましたが、改めて聖徳大学短期大学部で保育を学んで、本当に良かったと思います。実践重視の教育なので実習が多く、中でも力がついたと思うのが実習録です。実習の記録を実習録につけるのですが、時間もかかり大変な作業でした。しかし、お蔭で文章の書き方を学ぶことができ、日誌や月案などの文章を書く時の参考になっています。他にも指人形やパネルシアターなど、保育で使う物を沢山制作しました。そのため、保育園に就職してすぐに使う事ができました。また、社会人としてのマナーや言葉遣いも、大変厳しく指導していただいたので、保護者の方や先生方とお話する時も緊張する事なく、失礼のない応対ができていると思います。『にじいろ保育園』では聖徳出身の保育士が沢山働いています。皆さん実践力が身についていらっしゃるので、私のように転職してこられた方もブランクの長い方も、イキイキと働いていらっしゃいます。

人間関係も良好!働きやすく、
学びも多い職場です

私の目標は保育園の子ども一人ひとりを大切にし、子どもたちの成長を見守りながら保育士として成長する事です。その点、『にじいろ保育園』では子どもの発達を考えた環境を整え、その中で子どもたちが主体的に活動することを大切にしているので、保育士自身も保育に関連する様々な体験ができ、成長する機会も多いです。実際私は、『にじいろ保育園』で新しい保育法を学びました。それは、子どもたちの睡眠や食事の時間を考慮して生活の流れを作り、継続していくというもので、従来の一斉保育とは異なり子どもたちは自分の動きを理解し、生活リズムを作りやすくなります。賛否両論あると思いますが、このように新しい保育を体験できるのは、保育士としての成長にも繋がります。また、先生は皆さん優しい人ばかりなのですが、先述の通り自由な保育を実施しているため、皆さんも自由に意見を言える環境です。そのため、意見がぶつかる時もしばしばありますが、素直な性格の人が多く、話し合って考えをまとめる事ができており、そのたび先生同志の絆も強くなっていると思います。

Workflow おしごとの流れ

「にじいろ保育園」ではどのようなスケジュールで保育士さんが働いているかご紹介します

08:30

出勤

着替えてから打刻をし、朝礼に出席。担当するクラスの保育をはじめます。

11:00

給食の介助・見守り

調理室に給食を取りに行き、配膳。ひとり一人介助の仕方が異なるので、子どもの食事の様子に合わせて行います。

12:00

昼休み(昼食休憩)

園児を寝かしつけながら午睡の見守りとチェックをし、保育士もお昼休みを取ります。

14:30

起床

お昼寝から目覚めた園児の検温とオムツ交換をし、おやつの介助と見守りを行います。

15:00

園児の見送り

園児の遊びを見守りながら、保護者のお迎えを待ち連絡事項を伝えます。後片づけをして17時半に退勤。