定着率の高さと職場環境が自慢です! 定着率の高さと職場環境が自慢です!

可愛い子どもたちから
元気をいっぱいもらっています
グローバルキッズ
保育士
N.Rさん(2018年入社)

乳児保育を学ぶため転職を決意!

最初は施設職員を目指して、聖徳大学短期大学の幼稚園教員・保育士養成コースに入学しました。夜間コースだったため、働きながら3年間通学しましたが、実習を受けるようになると子どもたちの愛らしさに目覚め、子どもたちの成長に携わる事ができる幼稚園か保育園の先生になりたい!と思うようになりました。ちなみに短大の実習は2週間あったのですが痩せてしまうほどハードで、保育だけでなく書類の書き方や挨拶の仕方、さらに女性としての身なりや作法についても厳しい指導を受けました。しかしこの実習のお蔭で、すぐに保育業界で活用できるマナーとスキルを身につける事ができたと思います。大学を卒業し、無事に幼稚園に就職。幼稚園で3年間働き幼児教育を学びましたが、保育の原点である乳児保育についても学びたいと感じはじめたことをきっかけに、「保育園に転職しよう!」と思い立ち、転職活動をはじめました。

転職者が多く、年齢に関係なく
保育を学べる職場

条件に合った職場を選ぶため、人材紹介会社にも登録しました。そして、紹介されたのがグローバルキッズでした。ホームページの「子どもたちの未来のために」というタイトルを見て、保育者として原点に戻って勉強できると思い応募しました。そして、希望が叶い今春入社し、0歳児の担任をしています。幼稚園でしか働いた経験がなかったため、入社当時は子どもたちに泣かれると本当に不安でした。でも、今では子どもたちもすっかり慣れて、目が合うと笑いかけてくれます。こんなに可愛く純真無垢な笑顔を見ながら働ける事、そして子どもたちの成長を見守りながら保育ができる事は仕事のやりがいになっています。私は幼稚園を辞めて転職してきましたが、グローバルキッズは転職者が多いため幅広い知識を持っている先生が多く、勉強になります。また、先輩や同僚の皆さんは優しく、丁寧に指導してくれるので、私のように保育園で働いた事がなくても働きやすい職場です。

グローバルキッズに転職し、
毎日が最高に幸せです!

「グローバルキッズに転職して良かった!」と思う点は本当に沢山あります。第一に園長先生をはじめ、先輩や同僚など職場の皆さんがとても穏やかで優しいので、職員の人間関係は非常に良好です。そのため園児たちはもちろん、職員も温かい気持ちでいられます。また私は入社して半年程ですが、職場の皆さんが温かくサポートしてくれるお蔭で、どんな時も不安になる事なく、落ち着いて働く事ができています。グローバルキッズはチーム保育を実践しているので、職員同士のコミュニケーションがしっかりとれています。そのため、より質の高い保育を学ぶ事ができていると思います。さらに、家賃補助など福利厚生も充実しており、経済的に安心できることも、保育に集中できる理由のひとつです。私の原点である、「子どもの成長に携わりたい」という想いは、グローバルキッズが実践する「子ども中心の保育」と繋がっていると感じています。子ども達の発達に合わせた保育を行うことで、一人ひとりに向き合うことができます。子ども達と向き合いながら今何が必要かを一緒に考え、私自身も成長したいと思います。子どもが大好きで、この思いに共感する仲間が沢山増えて、一緒に楽しく働けたら嬉しいです。

Workflow おしごとの流れ

グローバルキッズの保育士さんはどのようなスケジュールで働いているのか簡単にご紹介します。

09:30

出勤

打刻をしてエプロンを着けて、担当する園児の連絡帳を確認。園児の水分補給の準備をする。

10:00

水分補給・沐浴

園児達の水分補給を行う。その後、着替えの準備をして沐浴をさせて、オムツをチェック。

11:30

給食

園児の食事を見守る。個々のタイミングをみて、寝かしつける。午睡チェックを行う。
保育士も交代で1時間休憩を取る。

15:00

おやつ

連絡帳と日誌を記入。検温、オムツ交換の後、おやつとミルクの授乳を行う。

16:30

遊び時間

散歩や室内遊びをしながら、保護者のお迎えを待つ。

17:00

後片付け

掃除や他のクラスのフォローなどを行い、18時半に退勤。